バーコード管理システム

まとめて出しても安心の成長したバーコード管理システム

生活用品のほとんどのパッケージに印刷されているバーコード。
もはや当たり前になって来たバーコード管理システムを平成14年に業界で始めて導入したのが弊社です。

バーコードによる管理は施設、個人、品目を完全に管理し、お預かりしたものを一点の漏れなく洗濯し お返しする目的で導入されましたが現在では洗濯物一点ごとのデータ管理や請求書、納品書にも反映できるようになっております。

弊社独自のシステムを使うことで 他のシステム等で読み取りや閲覧が不可能な為 顧客の個人情報が外部流出する心配がないことでもご利用施設様よりの信頼を得ております。

システム概要

より確実な管理を行う為に導入されたバーコードによる入出荷管理システム。
お預かりした利用者様の商品一点一点にお名前の入ったバーコードシールを貼り、
バーコードスキャンによる入荷確認をし洗濯工程後に出荷確認を
行うことで請求書データに反映を行います。

請求書は各個人別に日毎で明細データを作成し 一ヶ月単位にて発行致します。
退院・退所の急な精算の場合でも その時点での明細データを集計し
請求書を発行することができます。

請求書以外でも これらの入出荷データ及び請求データを即時に
呼び出すことができる為、お問合せに迅速に対応可能となっております。

株式会社 サン・ホワイトにて特許権 取得済み

弊社バーコード管理システムは有限会社共栄産業とともに研究開発したコンピュータシステムです。

当初はベースとなるシステムを使用しクリーニング入荷に必要な入力は何か、お客様より要望のある帳票はどの様なものかを実際に弊社が運用しながら作り上げてまいりました。

現在でもその進化は留まらず システム使用者にもわかりやすくなっております。

2009年1月にはかねてよりの特許申請に『医療ないし介護施設における私物の洗濯請負方法』という題目で特許権を取得しました。

今後もサン・ホワイトと共に進化するバーコード管理システムにご期待ください!

業務の流れとシステムの役割

  • STEP1 洗濯物の回収
  • STEP2 入荷処理
  • STEP3 洗濯・乾燥処理
  • STEP4 集荷処理
  • STEP5 洗濯物の納品